17.00 - 17.05 - DESCRIBE - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - 時系列テーブルと操作の概要

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1208-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

時間の経過によるvalue_expressionの集約があるSELECTリストを展開します。DESCRIBEには、完全並列関数と単一スレッド(VERBOSEを使用する場合)関数の両方が含まれます。

この関数の時系列バージョンを呼び出すには、GROUP BY TIME句を使用します。詳細は、GROUP BY TIME句を参照してください。

戻り値

戻り値は、実際に呼び出される各集約関数によって定義されます。

結果の計算にはNULLは含められません。

DESCRIBE VERBOSEを展開すると、DISTINCTはMODEとともに使用されません。

次の関数は、DESCRIBEの結果セットに含まれています。
  • MAX
  • MIN
  • AVERAGE
  • STDDEV_SAMP
オプションのVERBOSEキーワードを使用する場合、集約の一覧には次のものも含まれます。
  • MEDIAN
  • MODE
  • 25番目のPERCENTILE
  • 50番目のPERCENTILE
  • 75番目のPERCENTILE

VERBOSEで含まれる追加の集約は単一スレッドであり、さらに長い処理時間が必要です。PERCENTILEの計算では、線形プロセスを使用して、2つのデータ ポイント間にパーセンタイルがあるかどうかを判断します。VERBOSEには、異なる値を持つ重複行を返すMODEが含まれています。

HAVING句は、DESCRIBE関数の一部として含まれるすべての集約を参照します。

使用上の注意

DESCRIBEには以下の制限があります。
  • これは、SELECTリストでのみ使用できます。
  • 比較では使用できません。
  • 別名にすることはできません。
  • 関数に引数として使用することはできません。

value_expressionは数値データ型である必要があります。