17.00 - 17.05 - 時系列集約関数 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - 時系列テーブルと操作の概要

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1208-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

時系列データをサポートするために、一連の集約関数が用意されています(プライマリ タイム インデックス(PTI)テーブルにオプションで格納されます)。また、従来の関数の一部も、時系列をサポートしています。時系列データを操作するために、時系列固有の関数と従来の関数の両方が、GROUP BY TIME句で呼び出されます。

並列または単一スレッド集約関数

集約関数は、評価方法に応じて、完全並列(FP)集約または単一スレッド(ST)集約のいずれかです。FP集約では、結果を計算するために、データのセット全体が存在している必要はありません。むしろ、結果は並列のデータの小さな部分集合での集約を評価し、中間結果の最終的な集約を計算することによって算出されます。ST集約では、結果を計算するために、データのセット全体が存在している必要があります。

PTIテーブルではGROUP BY TIME句を使用することで、また、非PTIテーブルではUSING TIMECODEオプションを持つGROUP BY TIME句を使用することで、次の集約関数を時系列データに使用できます。
  • AVERAGE
  • COUNT
  • KURTOSIS
  • MAXIMUM
  • MINIMUM
  • RANK (ANSI)
  • SKEW
  • STANDARD DEVIATION OF A POPULATION (STDDEV_POP)
  • STANDARD DEVIATION OF A SAMPLE (STDDEV_SAMP)
  • SUM
  • VARIANCE OF A POPULATION (VAR_POP)
  • VARIANCE OF A SAMPLE (VAR_SAMP)