17.00 - 17.05 - 例: 複数の候補列を区別 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - 時系列テーブルと操作の概要

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1208-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

タイムコード列であると推測できる複数の候補列がある場合、USING TIMECODE句は、どれを使用するかのあいまいさを取り除く方法を提供します。これは例えば、PTIテーブル間に複数の結合がある場合などです。あいまいな場合にUSING TIMECODE句が指定されないと、エラーが報告されます。

例: 複数の候補列を持つUSING TIMECODE句

この例は、結合でUSING TIMECODE句を明示的に指定していることを示しています。

select avg(b.temperature)
from ocean_buoys_seq a , ocean_buoys_seq b
group by time(minutes(100))
using timecode(a.td_timecode); 

例: あいまいな複数の候補列がある無効な例

この例では、この結合でUSING TIMECODE句を指定していないためにタイムコードがあいまいであることを示しています。

select avg(a.temperature)
from ocean_buoys_seq a, ocean_buoys b
group by time(minutes(100));

 *** Failure 4359 Time Series: Timecode specification is ambiguous.