17.00 - 17.05 - 例: レガシーINSERTの例 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - 時系列テーブルと操作の概要

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1208-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

例: レガシーINSERT

次に、値マッピング構文にレガシー列を使用する有効な挿入を示します。

INSERT INTO ocean_buoy_no_seq (TD_TIMECODE, BUOYID, TEMPERATURE) VALUES (TIMESTAMP '2017-01-06 10:32:12.123456', 111, 50);
INSERT INTO ocean_buoy_no_seq (BUOYID, TEMPERATURE, TD_TIMECODE) VALUES (111, 50, TIMESTAMP '2017-01-06 10:32:12.123455');
INSERT INTO ocean_buoy_no_seq VALUES (TIMESTAMP '2017-01-06 10:39:10.123456', 111, 66);

例: 無効なレガシーINSERT

PTIテーブルへの挿入で分離ロード句を指定することはできません。この文はエラーを返します。

INSERT WITH CONCURRENT ISOLATED LOADING INTO ocean_buoy_seq VALUES(TIMESTAMP '2017-01-06 10:32:12.133308', 1, 444, 50);

PTIテーブルへの挿入にデフォルト値を指定することはできません。この文はエラーを返します。

INSERT INTO ocean_buoy_no_seq DEFAULT VALUES;

PTIテーブルの挿入にTD_TIMEBUCKET列を指定することはできません。この文はエラーを返します。

INSERT INTO ocean_buoy_no_seq (TD_TIMEBUCKET, BUOYID, TEMPERATURE, TD_TIMECODE) VALUES (123, 111, 50, TIMESTAMP '2017-01-06 10:32:12.123456');