17.10 - 使用上の注意 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - DATASETデータ型

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1198-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

DATASET_TABLEはTD_SYSFNLIBにあります。クエリー結果ID列は、CLOBを除く数値または文字の型であり、固有でなければなりません。

結果は最大行サイズに依存し、クエリーはクエリーの最大許容サイズを超えることができません。

column_expression_literalでは、RowExpr列を関数出力テーブル列にマッピングする必要があります。出力テーブル列のデータ型は、column_expression_literalで指定されたLOB以外の定義済みのTeradataタイプです。column_expression_literalの各列は、通常列または順序列に適合するJSONオブジェクトによって定義されます。

通常列の例:
{ "dotnotation" : "<path to source data for output column>",
	  "type" : "<data type of output column>",
	  "fromRoot" : true (if search is to be done from the root, instead of the row expression result) }
順序列の例:
{ "ordinal" : true }

CSVファイルの場合、ターゲット テーブル列へのソース列のデフォルトの割り当ては位置に基づいています。最初のCSV列は最初のテーブル列に割り当てられ、2番目のCSV列は2番目のテーブル列に割り当てられ、以下同様に続きます。CSVデータは、読み込まれているターゲット テーブルと一致する必要はありません。CSVデータは一時テーブルにシュレッドされるため、列が完全に一致していないテーブル間でINSERTまたはSELECTを実行するためにオプションのメソッドを使用します。