17.10 - DATASET列の変更 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - DATASETデータ型

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1198-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

INSERT-SELECT文では、どの格納形式のDATASETデータ型の列にも値を挿入できます。ターゲット テーブルのDATASETデータ型の列に長さが適合したDATASET列のあるソース テーブルを、INSERT-SELECT操作へのソース値として選択、使用することができます。ソース テーブルの格納形式もターゲット列の格納形式と同じである必要があります。

ソース データがターゲットのDATASETデータ型列の最大長より大きい場合は、エラーが発生します。

INSERT-SELECT文でスキーマを指定しなくてよいように、ソース テーブルに格納されたデータはスキーマを含んでいる必要があります。スキーマが更新されたデータをターゲット テーブルに格納する場合は、ターゲット列にスキーマを指定する必要があります。この格納場所に指定したスキーマは、ソース データ用に指定したすべてのスキーマを上書きするので、新しいスキーマでソース データを正しく記述するように注意してください。