17.10 - DATASET_TABLE構文 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - DATASETデータ型

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1198-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
DATASET_TABLE ( ON
  ( DATASET_instances_retrieving_expression )
  [ USING ( { row_expression_literal | column_expression_literal } ) ]
)
AVRO格納形式のみが、USING句でrow_expression_literalを使用します。CSVは使用しません。

構文要素

Dataset_instances_retrieving_expression
DATASETインスタンスのシュレッディングが行なわれる結果になるクエリー式、テーブル名、またはビュー名。
2つ以上の結果列が必要です。1つの列は、問題のあるDATASETインスタンスを識別します(検出された場合)。もう1つの列はDATASETインスタンス自体です。DATASETインスタンス列の後に続く他の列を含めることができます。
テーブルの作成方法については、DATASET列の変更の項のを参照してください。
典型的な例:
SELECT id, DatasetCol.toJson() FROM my_table ORDER BY 1;
追加列の使用例:
SELECT id, orderDataset, orderDate, orderSite FROM orderDatasetTable;
追加列は、テーブル演算子によって返される追加列として出力されます。
Dataset_instances_retrieving_expressionパラメータがnullの場合、関数の結果は行のないテーブルになります。
USING
Dataset_instances_retrieving_expressionで指定したテーブル演算子に入力します。
row_expression_literal
DATASET型でサポートされているドット表記構文に従うLATIN文字列リテラルまたはUNICODE文字列リテラル。先頭でDATASETインスタンスのrootを表わす'$'接頭辞を使用する必要があります。このパラメータは出力行を作成するデータのセットを定義します。
このパラメータがNULLの場合は、エラーが発生します。
この式は、AVRO格納形式にのみ適用されます。CSV形式では、row_expression_literalは使用されません。
column_expression_literal
DATASET型のドット表記構文に準拠するLATINまたはUNICODE文字列リテラル。最初に'$'接頭辞を使用する必要があります。これは、DATASETインスタンスのルートまたは行式の結果を表わします('fromRoot'属性が存在するかどうかによって異なります)。column_expression_literalは出力テーブルの列およびその列に挿入するデータを定義します。
このパラメータがNULLの場合は、エラーが発生します。