17.10 - DATASET型の変換について - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - DATASETデータ型

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1198-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

DATASET型変換グループは、クライアント システムからデータベースに、そしてデータベースからクライアント システムにDATASETデータをインポート/エクスポートするために使用されます。

特定のデータ型に対してデフォルトで使用される事前定義された変換グループを指定できます。DATASET変換グループはDATASET型インスタンスの格納形式に基づいています。

STORAGE FORMAT Avroの変換は、次の要件を満たす必要があります。
  • TD_DATASET_AVRO_BLOB(デフォルト)を使用するBLOBへの/からの変換。

    BLOBは、NULLで終わるUTF-8コード化スキーマとそれに続くバイナリ コード化されたAvro値から構成されます。

  • TD_DATASET_AVRO_VARBYTEを使用するVARBYTEへの/からの変換

    VARBYTEは、NULLで終わるUTF-8コード化スキーマとそれに続くバイナリ コード化されたAvro値から構成されます。

STORAGE FORMAT CSV変換は、次の要件を満たす必要があります。
  • TD_Dataset_CSV_CLOBを使用して、CSV値の文字セットでCLOBとの間の変換を行ないます。

    CLOBは、CSV値で構成されます。指定されたオプションのスキーマは含まれません。

  • TD_Dataset_CSV_VARCHARを使用してCSV値の文字セットでVARCHARとの間の変換を行ないます。

    VARCHARは、CSV値で構成されます。指定されたオプションのスキーマは含まれません。

これらの変換に必要な形式は、システム定義のキャストについて定義されている形式と同等です。

CREATE PROFILE/MODIFY PROFILEまたはCREATE USER/MODIFY USER文でTRANSFORMオプションを使用して、ユーザーに対して特定のデータ型に使用される変換グループを指定できます。

現在のセッションでアクティブな変換グループを変更するには、SET TRANSFORM GROUP FOR TYPE文を使用します。データ型に対してこの文を複数回使用し、セッション内である変換グループから別の変換グループに切り替えることができます。ログオン ユーザーにすでに変換設定が指定されている場合、この文は現在のセッションの変換設定を変更します。

CREATE TRANSFORMまたはREPLACE TRANSFORMを使用して、複合データ型(CDT)の新しい変換を作成することはできません。構造化された固有のユーザー定義型(UDT)に対してのみ、新しい変換を作成できます。

変換グループ マクロ

次のマクロを使用して、UDT (またはCDT)の変換グループ、あるいはユーザー、プロファイル、または現在のセッションの変換グループ設定を検索することができます。

マクロ 説明
SYSUDTLIB.HelpCurrentUserTransforms 現在のログオン ユーザーの変換グループ設定をリストする。
SYSUDTLIB.HelpCurrentSessionTransforms 現在のセッションの変換グループの設定を表示する。
SYSUDTLIB.HelpUserTransforms(User) 特定のユーザーの変換グループ設定をリストする。
SYSUDTLIB.HelpCurrentUDTTransform(UDT)

指定されたUDTに対する現在のセッションの変換グループの設定を表示する。

SYSUDTLIB.HelpUDTTransform(User,UDT) ユーザーのUDTの変換グループをリストする。
SYSUDTLIB.HelpProfileTransforms(Profile) 特定のプロファイルの変換グループ設定をリストする。

SYSUDTLIB.HelpProfileTransform(Profile,UDT)

プロファイルのUDTの変換グループをリストする。

これらのマクロの詳細については、<Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>を参照してください。