17.10 - AvroContainerSplit構文 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - DATASETデータ型

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1198-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
AvroContainerSplit ( ON
  ( SELECT ( container_id, container )
           ( select_stmt_options )
  )
)

構文要素

container_id
Avroオブジェクト コンテナ ファイルを固有に識別します。複数のコンテナ ファイルを処理するときに便利です。
container_idには、次の型が含まれています:
  • BYTEINT
  • SMALLINT
  • INTEGER
  • BIGINT
  • DOUBLE PRECISION
  • DECIMAL
  • NUMBER
  • CHAR
  • VARCHAR
container
Avroオブジェクト コンテナ ファイル形式内のBLOB。
入力データがこれらのデータ型の1つではない場合、または入力行が2列ではない場合、エラーが返されます。コンテナ値がNULL値である場合、NULLに設定されたavro_object_idおよびavro_valueの行が返されます。AvroContainerSplitの結果は1つ以上の出力行であり、それぞれの行は、オブジェクト コンテナ ファイルからの個別のAvro値を表わしています。3つの出力列は以下のように返されます:
  • out_container_id: container_id出力列と同じ型および値。out_container_idは、Avro値の元となるオブジェクト コンテナ ファイルを特定します。
  • avro_object_id: コンテナからのそれぞれのAvro値には、0からn-1の番号が付いています。この場合、nはオブジェクト コンテナ ファイル内のAvro値の数です。出力列はINTEGER(整数)型です。
  • avro_val: Avroデータセット値。
オブジェクト コンテナ ファイルは、圧縮されていなくても(NULLコーデック)、圧縮されていても(deflateコーデック)かまいません。オブジェクト コンテナ ファイル内のスキーマは16MBに制限されており、オブジェクト コンテナ ファイル内のファイルデータブロックの非圧縮状態でのサイズも16MBに制限されています。
select_stmt_options
Vantageで、SQLのSELECT文で使用可能または必要なオプション。