17.10 - DATASET型のキャストについて - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - DATASETデータ型

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1198-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
DATASETデータ型は、次のキャストを実装します。
  • VARBYTE/BLOBをDATASET STORAGE FORMAT AVROへ
  • DATASET STORAGE FORMAT AVROからBYTE/VARBYTE/BLOBへ
  • VARCHAR/CLOBからDATASET STORAGE FORMAT CSV
  • DATASET STORAGE FORMAT CSVからVARCHAR/CLOB
  • DATASET STORAGE FORMAT CSV CHARACTER SET LATINからDATASET STORAGE FORMAT CSV CHARACTER SET UNICODE
  • DATASET STORAGE FORMAT CSV CHARACTER SET UNICODEからDATASET STORAGE FORMAT CSV CHARACTER SET LATIN

他のキャストはサポートされていません。

STORAGE FORMAT AVROまたはSTORAGE FORMAT CSVのDATASETデータ型へキャストする場合、データはデフォルト仕様に準拠していなければなりません。そうでない場合は、CreateDATASET関数を使用して、AvroまたはCSVのいずれかの格納形式でDATASETデータ型インスタンスを作成します。

STORAGE FORMAT AVROのDATASETデータ型からキャストするとき、データがBYTE/VARBYTE/BLOBへキャストされる場合、結果データに含まれるインスタンス用に定義されたスキーマはUTF-8でエンコードされ、その後にバイナリ コード化されたAvro値が続きます。

DATASET STORAGE FORMAT CSVデータ型にキャストする場合、CSVスキーマはデータに関連付けられません。このため、検証は行われず、キャストは不一致のデータおよびスキーマになる場合があります。データを検証する場合は、CreateDATASETを使用します。

STORAGE FORMAT CSVの場合、データがVARCHAR/CLOBにキャストされると、結果のデータにはCSV値が含まれます。スキーマは、CSV値に関連付けられている場合には含まれません。