データ保護 | Console | Teradata Vantage on Google Cloud - 2.3 - データ保護 - Teradata Vantage on Google Cloud

Teradata Vantage™ on Google Cloud スタート ガイド

Product
Teradata Vantage on Google Cloud
Release Number
2.3
Published
2022年3月
Language
日本語
Last Update
2022-04-30
dita:mapPath
ja-JP/yoa1623083010241.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/yqr1623084025972.ditaval
データのバックアップと復元には、次の2つのオプションがあります。
オプション 説明
バックアップ テーブル、データベース、フル システムレベルのデータすべてを復元する。新しいVantage コンソールおよび従来のコンソールで利用可能。

バックアップ復元を実行するときに、オブジェクトレベル(テーブルまたはデータベース)の復元を要求する。

スナップショット フル システム レベルでのみデータを復元する。障害回復を目的とした、フルシステム バックアップに適した方法。
重大なデータ損失または破損イベントの場合にのみ実行されます。システム全体をリセットして再起動する必要があります
この機能の可用性は現在制限されています。詳細については、Teradataにお問合わせください。
次のタスクを実行するには、https://support.teradata.comで変更リクエストを送信してください。
  • バックアップ ポリシーの変更(Classic Consoleのみ)
  • バックアップ ジョブの新規作成(Classic Consoleのみ)
  • バックアップからの復元(Classic ConsoleとVantage Consoleの両方)
    スナップショットの復元では、システムが短時間停止します。

標準バックアップのストレージは、消費ベースの従量課金制で別に販売されています。Teradataは、指示された内容(例えば、バックアップの回数、頻度、コピーの保持など)でのみ、システムのフル バックアップを実行します。バックアップはソースのシステムと同じGoogle Cloudのリージョンに保存されます。