ユース ケース: 同期サービス全体を削除する - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.05
Published
2020年10月
Language
日本語
Last Update
2020-12-18
dita:mapPath
ja-JP/xxl1591023586203.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/xxl1591023586203.ditaval
dita:id
B035-4101
Product Category
Analytical Ecosystem

サーバーがアクティブ サーバーとして必要でなくなった場合は、同期サービス全体を削除できます。このプロセスを実行する前に、削除するアクティブ サーバーに接続しているすべてのサーバーを把握しておく必要があります。

  1. アクティブ サーバーで、cd /opt/teradata/datamover/sync/nn.nnに移動します。
    ここで、パス中のnn.nnはData Moverのバージョン番号を指します。
  2. ./dmsync dropconfigを実行します。
  3. プロンプトで、次のオプションを選択します。
    Drop replicaton on this active repository server
  4. 次のプロンプトに応答します。
    プロンプト 説明
    Enter remote standby host name スタンバイ サーバー名を入力します。
    Enter the database super user postgres password on standby repository スタンバイ サーバーでPostgresユーザー パスワードを入力します。
    Do you need to drop replication for another standby repository? [y or n]:
    • 複数のスタンバイ サーバーを削除する必要がある場合は、yと入力します。
    • これ以上スタンバイ サーバーを削除する必要がない場合は、nと入力します。