ユース ケース: TVIアラート4604002がトリガーされる - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.05
Published
2020年10月
Language
日本語
Last Update
2020-12-18
dita:mapPath
ja-JP/xxl1591023586203.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/xxl1591023586203.ditaval
dita:id
don1467241476387
Product Category
Analytical Ecosystem

アクティブ リポジトリとスタンバイ リポジトリ間のデータ レプリケーションの進行が遅くなっている可能性がります。処理の遅れがユーザーが指定した遅延しきい値を超えると、TVIアラート4604002がトリガーされます。システムの遅延とアラートについては、「レプリケーションの遅延について」を参照してください。

  1. スタンバイ サーバーで、/var/opt/teradata/postgres/data/log/postgresql.log.*に移動し、データ レプリケーションをブロックしているエラーを修正します。
  2. postgresql.log.*でエラーが見つからず、スタンバイのdm_sequencesテーブルのシーケンス番号に引き続き遅延がある場合は、次の点を確認して修正します。
    • 遅延しきい値が低すぎる場合は、sync.propertiessync.data.lagging.thresholdを増やす
    • ネットワークの速度を確認する
    • 同期サービスを再構成する