同期サービスの削除 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.05
Published
2020年10月
Language
日本語
Last Update
2020-12-18
dita:mapPath
ja-JP/xxl1591023586203.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/xxl1591023586203.ditaval
dita:id
B035-4101
Product Category
Analytical Ecosystem
dmsyncコマンドは、アクティブ サーバーとスタンバイ サーバー間の同期を削除する必要がある場合に使用します。

現在の同期サービスから1つのスタンバイ サービスを削除するか、アクティブ サーバーとすべてのスタンバイ サーバーを構成から削除するかを選択できます。コマンドは、アクティブ サーバーからのみ開始できます。

  1. アクティブ サーバーから、cd /opt/teradata/datamover/sync/nn.nnに移動します。
    ここで、パス中のnn.nnはData Moverのバージョン番号を指します。
  2. ./dmsync dropconfigを実行します。
  3. 次のいずれかのオプションを選択し、1つのスタンバイ サーバーまたはレプリケーション サービス全体を削除します。
    1. 1つのスタンバイ サーバーまたはレプリケーション サービス全体を選択して削除します。
    2. スタンバイ サーバー名を指定します。
    3. スタンバイ サーバーでPostgresユーザー資格情報を指定します。