指定アクティブ デーモンへのフェールバック - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.05
Published
2020年10月
Language
日本語
Last Update
2020-12-18
dita:mapPath
ja-JP/xxl1591023586203.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/xxl1591023586203.ditaval
dita:id
B035-4101
Product Category
Analytical Ecosystem
フェールオーバー後、Data Moverは、指定アクティブ デーモンに自動的にフェールバックしません。フェールオーバーの根本原因を特定し、指定アクティブ コンポーネントで修正した後、指定アクティブ デーモンにフェールバックするには、次の手順を実行します。
  1. 指定アクティブ デーモン サーバーで、dmcluster switchbackコマンドを実行し、プロンプトに従います。
    プロンプト アクション
    Do you need to sync up the two repositories? [y or n] yを入力して同期します。

    Enter 1 to back up the active repository to the standby repository.

    Enter 2 to back up the standby repository to the active repository.

    [1 or 2]

    1または2を入力して、同期の方向を指定します。
    これにより、Data Moverリポジトリが同期され、同期サービスが再度有効になります。Data Moverクラスタはアクティブ モードに復元され、指定アクティブ サーバー上ですべてのコンポーネントと関連するモニタリング サービスが再起動されます。
  2. dmcluster statusを実行して、指定アクティブ デーモンが正常に復元されたことを確認します。
    すべてのサービスが移行するまでに数分かかる場合があります。想定される結果が表示されるまで、必要に応じてdmcluster statusを実行します。現在アクティブなデーモンおよびモニター サーバーの進捗状況をdmFailover.logで監視します。
    dmdaemon serviceスクリプト/etc/init.d/dmdaemon startを使用して指定アクティブ デーモン サーバー上でデーモンを開始しないでください。開始すると、モニタリング サービスはデーモンが失敗したサーバーで誤って開始されたと見なし、シャット ダウンします。