フェールオーバー プロセス - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.05
Published
2020年10月
Language
日本語
Last Update
2020-12-18
dita:mapPath
ja-JP/xxl1591023586203.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/xxl1591023586203.ditaval
dita:id
B035-4101
Product Category
Analytical Ecosystem
/opt/teradata/client/nn.nn/datamover/failover/にあるdmclusterサービス スクリプトを使用して、フェールオーバー クラスタに対してコマンドを実行します。dmcluster configがクラスタの構成を完了すると、次の処理が行なわれます。
  • 指定アクティブ サーバー上でサービスが停止し、アクティブ モードで再開
  • スタンバイ コンポーネントの停止
  • アクティブなコンポーネント サーバーは、SSH接続を介してモニタリング サービスによって定期的に監視され、サービスが実行されていることが確認されます。
アクティブData Moverデーモン、RESTサービス、リポジトリ、ActiveMQ、またはアクティブ デーモンが使用するすべてのエージェントが使用できない場合は、次の処理が行なわれます。
  • フェールオーバー順序が開始されます。
  • フェールオーバー シーケンスは、指定アクティブ サーバー上のData Moverデーモン、REST、エージェント、ActiveMQ、およびバンドルされたDSA (該当する場合)を停止し、指定スタンバイ サーバー上でこれらのコンポーネントを開始します。

フェールオーバー シーケンスが完了すると、モニタリング サービスはスタンバイのモニタリング サーバーにシフトし、現在アクティブのスタンバイ コンポーネントのモニタリングを開始します。モニタリング サービスがスタンバイ サーバー上で実行されているData Moverコンポーネントまたはプロセスを見つけると、自動的に停止し、2つのサービスが同時にアクティブになることを防止します。

Data Moverクラスタが指定スタンバイ サーバーでアクティブに実行されている場合、高可用性サービスは次の変更によって制限されます。
  • Data Moverリポジトリは同期されず、同期サービスは無効になり、同期モニタリング サービスは使用されません。
  • 主要なコンポーネントが使用できない場合は、追加のフェールオーバーは発生しません。クラスタを元のアクティブ状態に戻すには、手動で元に戻す必要があります。

監視サーバー上のdmFailover.logファイルに、フェールオーバー シーケンスに関する詳細情報が記録されます。