ジョブの作成 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.05
Published
2020年10月
Language
日本語
Last Update
2020-12-18
dita:mapPath
ja-JP/xxl1591023586203.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/xxl1591023586203.ditaval
dita:id
B035-4101
Product Category
Analytical Ecosystem
ジョブを作成する前に、ソースとターゲットのシステムを設定ビューのお気に入りのシステム タブに追加することもできます。
ソースまたはターゲットIDのユーザー名にスペースがあると、ジョブに失敗します。
ソースまたはターゲットIDのアカウント名にスペースがあると、ジョブに失敗します。
  1. 保存されたジョブ ビューから、新規ジョブをクリックします。
  2. ジョブの固有の名前を入力します。
  3. ソースおよびターゲット システムの信頼証明を編集します。
  4. オブジェクト タブのソース システムからオブジェクトを選択します。
  5. (オプション)選択されている親データベースとオブジェクトを確認するには、選択のサマリータブをクリックします。
  6. (オプション)ジョブの設定を調整するには、ジョブの設定タブをクリックします。
    設定には、アクセス権の違反がオブジェクトで発生した場合にジョブを続行するかアボートするかの指定を含めることができます。
  7. 保存をクリックします。
新しく作成されたジョブが保存されたジョブ ビューに一覧表示されます。