ブロックされたジョブの検出 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.05
Published
2020年10月
Language
日本語
Last Update
2020-12-18
dita:mapPath
ja-JP/xxl1591023586203.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/xxl1591023586203.ditaval
dita:id
B035-4101
Product Category
Analytical Ecosystem

Data Moverジョブは、ブロックされると正常に完了しないことがあります。これは、ソースまたはターゲット データベース オブジェクトにロックが存在するためです。

Data Moverには、オブジェクトのロックが存在するかどうか検出するように設定したり、ブロックされたジョブを特定の間隔で再試行するように設定したりできる4つの構成プロパティがあります。このブロックされているジョブの構成プロパティはconfiguration.xmlファイルで編集できます。

ブロックされたジョブの検出が有効になっている場合は、Data Moverでテーブルがコピーされるごとにクエリーを実行する必要があります。したがって、この機能を有効にすると、パフォーマンスが大幅に低下する場合があります。データベース全体を移動する場合は、データベース内の無作為に選択されたテーブルでクエリーが1回実行され、データベースのロックがチェックされます。