ジョブ作成XMLを使用したジョブ レベルの指定 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.05
Published
2020年10月
Language
日本語
Last Update
2020-12-18
dita:mapPath
ja-JP/xxl1591023586203.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/xxl1591023586203.ditaval
dita:id
B035-4101
Product Category
Analytical Ecosystem
ジョブ作成XMLは、ジョブ レベルで次のタグをサポートします。
  • source_staging_database
  • target_staging_databaseまたはstaging_database
  • staging_database_for_table
  • target_database
Data Moverでは、staging_databaseタグまたはtarget_staging_databaseタグの使用によるターゲット ステージング データベースの指定をサポートしますが、両方を同時に使用することはできません。

これらの値を指定すると、ジョブ リクエストに含まれるすべてのテーブル オブジェクトに適用されます。テーブル以外のオブジェクトまたはビュー オブジェクトの場合、これらの値がサポートされているときには、オブジェクト レベルで指定します。これらのタグはオプションであり、<force_utility>タグの後に配置する必要があります。

<overwrite_existing_objects>true</overwrite_existing_objects>
<force_utility>tptapi</force_utility>
<source_staging_database><name>stagingsourceDB</name></source_staging_database>
<target_staging_database><name>stagingtargetDB</name></target_staging_database>
<staging_database_for_table><name>stagingDBForTable</name></staging_database_for_table>
<target_database><name>targetDB</name></target_database>
...