コピーの設定について - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.05
Published
2020年10月
Language
日本語
Last Update
2020-12-18
dita:mapPath
ja-JP/xxl1591023586203.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/xxl1591023586203.ditaval
dita:id
B035-4101
Product Category
Analytical Ecosystem

オブジェクト ブラウザ内のオブジェクトを選択するときは、オブジェクトに関連付けられたダイアログ ボックスを使用して、オプションのコピー設定を指定することができます。どのコピー設定を利用できるかは、選択するオブジェクトのタイプによって異なります。

以下の設定を指定することができます。
  • オブジェクトのマッピング先のターゲット上の別の場所。例えば、ユーザーまたはデータベースをソース システムからターゲット システム内の別のデータベースにコピーできます。
  • ステージング データベース。例えば、ターゲット データベースの領域が十分でない場合、ステージング データベースを指定すると、テーブルがターゲット データベース内ではなくステージング データベース内に作成されます。
  • 一時データ用の別のステージング データベース。例えば、テーブルをコピーしている場合、マクロテーブル、作業テーブル、ログ テーブル、またはエラー テーブルを、ステージング テーブルが保持された場所以外のステージング データベースにコピーされるように指定することができます。
  • データ、統計情報あるいはその両方をコピーするかどうか。
  • キー列、およびテーブルの行数を確認するかどうか。
  • コピー前にソースのDDLをターゲット テーブルのDDLと比較するかどうか。
  • ターゲット メカニズムへのステージング。
  • スプール(Teradata PT APIユーティリティが使用されている場合)。
  • Teradata PT APIまたはJDBCユーティリティを使用する場合にロック アクセスを上書きするかどうか。
  • トリガーを有効にするかどうか、また、いつ有効にするか。