部分コピーについて - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.05
Published
2020年10月
Language
日本語
Last Update
2020-12-18
dita:mapPath
ja-JP/xxl1591023586203.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/xxl1591023586203.ditaval
dita:id
B035-4101
Product Category
Analytical Ecosystem

デフォルトでは、Data MoverはTeradata PTを使用して、テーブルおよびビューで部分コピーを実行します。ジョブ定義に含まれるWHERE句が、ソース システムからのデータのエクスポート時に、Teradata PT exportオペレータによって使用されるSELECT文に追加されます。Teradata PT loadupdate、またはstreamオペレータを使用して、部分的なデータをターゲット システムに挿入します。

ターゲット テーブルがすでに存在しており空でない場合、Data Moverは最初にターゲット ステージング テーブルを作成し、そこにデータを配置します。部分データがターゲット ステージング テーブルにロードされると、Data Moverはジョブ定義で指定されるキー列を使用して、どの行が更新され、どの行が新規で挿入可能かを判定します。すべてのデータがターゲット テーブルに配置されると、ターゲット ステージング テーブルは削除されます。

Teradata QueryGridを使用すると、ジョブ定義で外部サーバーを指定することにより、テーブルまたはビューの部分コピーを実行できます。部分コピーはTeradata PTと同様に実行されますが、ソース システムからターゲット システムに部分データをコピーするためにTeradata QueryGridを使用している場合を除きます。

DSAを使用することで、Data Moverにソース ステージング テーブルを使用するように指示することにより、テーブルおよびビューの部分コピーを実行できます。ソース ステージング テーブルを使用する場合、Data Moverでは最初にソース ステージング テーブルが作成され、そのテーブルに部分データがコピーされます。さらに、DSAがソース ステージング テーブル全体をターゲット システムにコピーします。ターゲット テーブルがすでに存在しており空でなければ、ソース ステージング テーブルがターゲット ステージング テーブルにコピーされ、そこでTeradata PTと同じ方法でターゲット テーブルにデータを転送できます。