サービスの再起動 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.05
Published
2020年10月
Language
日本語
Last Update
2020-12-18
dita:mapPath
ja-JP/xxl1591023586203.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/xxl1591023586203.ditaval
dita:id
B035-4101
Product Category
Analytical Ecosystem
  1. 指定アクティブまたはスタンバイ デーモン サーバーから、dmcluster statusを実行してクラスタの状態を確認します。
  2. 現在アクティブなデーモン サーバーにログオンし、以下を実行します。
    dmcluster setmaster

    Data Moverコンポーネントは、現在アクティブなサーバーで再起動され、スタンバイ サーバーで停止されます。同期モニターは、Data Moverクラスタがアクティブ モードのときに開始されます。

    setmasterコマンドは、サーバー上のfailover.propertiesファイルを変更することなく何度でも使用できます。

  3. アクティブ デーモン サーバーから、dmcluster statusを実行して、すべてのサービスが想定どおりに実行されていることを確認します。
    すべてのサービスが移行するまでに数分かかる場合があります。想定される結果が表示されるまで、必要に応じてdmcluster statusを実行します。現在アクティブなデーモンおよびモニター サーバーの進捗状況をdmFailover.logで監視します。
    Data Moverクラスタがスタンバイ モードの場合、フェールオーバーが発生しています。クラスタがスタンバイ モードの場合、指定スタンバイ デーモン サーバー上のサービスのみを再始動できます。フェールオーバー後にData Moverクラスタをアクティブ モードに戻す方法の詳細については、「指定アクティブ デーモンへのフェールバック」を参照してください。