17.10 - 構成ファイルのセットアップ - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata PTジョブ スクリプトの実行を開始する前に、次のグローバル構成ファイルをセットアップすることを推奨します。 セットアップは通常、Teradata PTのインストール時にのみ必要です。

構成ファイルのパラメータ 目的
グローバル ジョブ変数ファイル 多くのジョブで使用可能なグローバル変数と値を指定できます。

グローバル変数を作成すると、複数のジョブ スクリプトに値を再入力することが原因で生じるエラーをなくすことができます。

また、ユーザー名やパスワードのような情報をスクリプトに含めずに管理できるので、それらの情報が許可されていないユーザーに表示されることもありません。

チェックポイント ディレクトリ これらのディレクトリのセットアップは、Teradata PTのインストール手順に含まれます。

詳細については、Teradata Tools and Utilitiesの導入ガイドを参照してください。

ログ ディレクトリ

これらの構成ファイルの内容は、すべてのジョブで共有できます。

Teradata PTでは、次のオペレーティング システムで構成ファイルを使用してTeradata PTシステム全体の構成オプションを指定できます。

プラットフォーム 構成ファイル
Windows <installation directory>\twbcfg.ini
UNIX <installation directory>/twbcfg.ini

構成オプションは、ホーム ディレクトリに次の構成ファイルを配置して、カスタマイズすることもできます。$HOME/.twbcfg.ini

z/OS ATTRFILEのDDNAMEによって指定されます。

構成ファイルのパラメータを指定するには、以下のフォームを使用します。 <パラメータ> = <単一引用符で囲んだ文字列>;

例えば、UNIXシステムでは:

GlobalAttributeFile= '/opt/teradata/client/<version_number>/tbuild/global.jobvariables.txt';

CheckPointDirectory= '/opt/teradata/client/<version_number>/tbuild/checkpoint'

LogDirectory= '/opt/teradata/client/<version_number>/tbuild/logs';

説明:

  • GlobalAttributeFileは、グローバル ジョブ変数ファイルのパスです。
  • CheckpointDirectoryは、Teradata PTがジョブのチェックポイント レコードを格納する場所です。
  • LogDirectoryは、Teradata PTがジョブのログを格納するディレクトリです。