17.10 - 許容されるエラー - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

Streamオペレータ定義では、ErrorLimit属性を使用して、Streamオペレータ ジョブが終了するまでにエラー テーブルに格納できるおおよそのレコード数を指定できます。 この数値が概数であるのは、Streamオペレータからデータベースに一度に複数のデータ行が送信されるからです。 エラー制限値を超過したことを示すメッセージをTeradata PTが処理するまでに、ErrorLimitに指定された数を超えるレコード数がエラー テーブルにロードされる可能性があります。

Streamオペレータは、正常に処理できないデータ行に遭遇すると、エラー テーブルに行を作成します。 このようなエラーは、制限に達するまでエラー テーブルに追加されます。 これらのオプションを適用先となるAPPLY文のDML文の直後に指定して、StreamオペレータによるDML文のエラーの取り扱いを制御します。

エラー制限は、制限に達したときのロード タスクの段階に応じてオペレータ インスタンスごとまたはオペレータごとに適用されます。詳細については、エラー制限値の影響を参照してください。

方策

ErrorLimit値の設定時には、以下の点を考慮してください。
  • ErrorLimitは、エラーでジョブを終了させるのではなく、エラーが発生してもジョブを続行させることができるので有用です。 ただし、集積されたエラーの数が多すぎて処理に時間がかかることがないように、ジョブが完了したら集積されたエラーを手動でクリーンアップする必要があります。
  • 発生するエラーの多くが不正なデータによるものです。 エラー制限値を非常に高い設定で維持する必要がある場合は、データの改善方法を検討すると役に立つ場合があります。
  • 値は、経験を踏まえ、ジョブの実行方法に基づいて設定する必要があります。 実際の設定は、ジョブで処理されるデータの量に基づく必要があります。

詳細な説明および必須構文については、<Teradata® Parallel Transporterリファレンス, B035-2436>のストリーム オペレータに関する情報を参照してください。