17.10 - 基本処理 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata PTは、Teradata PTオペレータまたはアクセス モジュールを使用して、データベースまたはその他のデータ ストア内のアクセス可能なデータベース オブジェクトにデータをロードできます。また、これらのデータベース オブジェクトやデータ ストアからデータをエクスポートすることもできます。

単一のTeradata PTジョブで複数のターゲットを使用できます。次のいずれかをTeradata PTジョブのデータ ターゲットまたはデータの宛先にすることができます。
  • データベース(リレーショナルと非リレーショナルの両方)
  • データベース サーバー
  • データ記憶装置
  • ファイル オブジェクト、テキスト、およびカンマ区切り値(CSV)
    ワークステーション接続クライアント システムのTeradata PTでは、すべての機能において完全なテープ サポートは使用できません。テープを使用してデータをインポートまたはエクスポートするには、テープ デバイスとインターフェース接続するためにカスタム アクセス モジュールを記述する必要があります。カスタム アクセス モジュールの記述方法については、<Teradata® Tools and Utilities Access Moduleプログラマ ガイド, B035-2424>を参照してください。
ジョブ スクリプトが実行依頼されると、Teradata PTでは以下のことを行なうことができます。
  • ジョブ スクリプトのステートメントを解析します。
  • 内部コンポーネントを初期化します。
  • 以下を実行して、ジョブを完了する並列プランを作成、最適化、および実行します。
    • 要求されたオペレータ オブジェクトのインスタンスの作成
    • オペレータ インスタンスを相互接続するデータ ストリームのネットワークの作成
    • オペレータの実行の調整
  • チェックポイントと再始動処理を調整します。
  • データベースが再始動を発信すると、自動的にジョブが再始動します。
  • 処理環境を終了します。
Teradata PTジョブでは、データ ソースと宛先の間で以下のことを行なうことができます。
  • 並列データ ストリームを使用した、特定データ オブジェクトの抽出、格納、転送
  • 複数の並列データ ストリームの併合または分割
  • 複数のターゲットをロードするためのデータ ストリームの重複
  • データのフィルタ処理、条件処理、洗浄