17.10 - ジョブ例3: BLOB、CLOBおよびJSONデータのロード - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

ジョブの目的

BLOB/CLOB/JSONデータを遅延モードでファイルからデータベース テーブルにロードします。

遅延LOB/JSON処理の詳細については、Teradata® Parallel Transporterリファレンス, B035-2436を参照してください。

データ フロー図

次の図は、ジョブ例3のジョブ要素を示します。

ジョブ例PTS00006、PTS00026 – LOB/CLOB/JSONデータのロード

サンプル スクリプト

このジョブに対応するサンプル スクリプトについては、sample/userguideディレクトリにある以下のスクリプトを参照してください。
  • PTS00006: Teradata DatabaseへのBLOBおよびBLOBデータのロード
  • PTS00026: Teradata DatabaseへのJSONデータのロード

使用理由

このジョブは以下のものを使用します。
  • OS Commandオペレータ。これは、このオペレータが、クライアント システム上のディレクトリ間でフラット ファイルをコピーできる唯一のオペレータであるためです。
  • DDLオペレータ。これは、このオペレータが、ロード前に作業テーブルを削除し、ターゲット テーブルを作成できるためです。
  • DataConnectorオペレータ。これは、このオペレータが、インラインLOBデータを外部フラット ファイルから読み取る唯一のProducerオペレータであるためです。
  • ConsumerオペレータとしてのSQL Inserterオペレータ。これは、このオペレータが、BLOB/CLOB/JSONデータをデータベース テーブルにロードできる唯一のオペレータであるためです。