17.10 - チェックポイント再始動のサポート - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

チェックポイント再始動機能のサポートは、オペレータにより次のように異なります。

  • 以下のオペレータは、チェックポイント再始動機能を完全にサポートします。
    • Load
    • Update
    • Stream
    • FastLoad INMOD Adapter
    • FastExport OUTMOD Adapter
    • MultiLoad INMOD Adapter
  • 次のオペレータは、チェックポイント再始動機能をサポートしますが、制限があります。
    • DataConnectorオペレータは、ローカル ファイルシステムのファイルの処理時に完全に再始動可能です。 チェックポイント再始動機能は、HDFS APIインターフェース経由のHadoopファイルの処理時に一部サポートされ、TDCH-TPTインターフェース経由のHadoopファイルおよびテーブルの処理時はサポートされません。 詳細については、<Teradata Parallel Transporterリファレンス、B035-2436>の「Hadoopのファイルとテーブルの処理」セクションを参照してください。
    • Parallel Transporterリファレンス
    • DDLは、実行中であったSQL文のうち、ジョブの終了時点で完了していなかったSQL文から再始動できます。
    • ExportオペレータとSQL Selectorは再始動可能ですが、データのエクスポート時は再始動できません。これらのオペレータは、すべてのデータがTeradata PTデータ ストリームに送信されたときにのみチェックポイントを記録するためです。 このチェックポイントから再始動すると、オペレータはデータを再送信する必要がなくなります。
  • 以下のオペレータは、チェックポイント再始動機能をサポートしません。
    • SQL Inserter
    • ODBCオペレータでは、接続先データベースの再始動の処理方法が不明であるため、チェックポイントおよび再始動操作はサポートされません。