17.10 - ジョブ例14: データのエクスポートとOUTMODルーチンによる処理 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

ジョブの目的

データベース テーブルからデータをエクスポートしてOUTMODに送信し、外部ターゲットにロードする前に後処理を行ないます。 このジョブは、FastExportユーティリティ用に書かれたOUTMODに適用されます。

データ フロー図

次の図は、ジョブ例14のジョブ要素を示します。

ジョブ例PTS00019 – データのエクスポートとOUTMODルーチンによる処理

サンプル スクリプト

このジョブに対応するサンプル スクリプトについては、sample/userguideディレクトリの以下のスクリプトを参照してください。

PTS00019: データのエクスポートとOUTMODルーチンによる処理

使用理由

このジョブでは以下のオペレータを使用します。
  • エクスポート オペレータ。これは、このオペレータが、データベースから大量のデータを抽出するための最も高速な方法であるためです。
    SQLオペレータは、Exportオペレータよりも低速でデータを抽出します。 SQL Selectorオペレータは、データベースでロード スロットが少ない場合にのみ使用します。これは、SQL Selectorオペレータがデータベース ロード スロットを使用しないためです。
  • FastExport OUTMOD Adapterオペレータ。これは、このオペレータが、FastExportユーティリティ用に書かれたOUTMODルーチンとインターフェース接続できる唯一のオペレータであるためです。