17.10 - Standaloneオペレータの定義 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
standaloneオペレータは、Teradata PTオペレータ インターフェースに対するデータの送受信を伴わず、データ ストリームを使用しない処理に使用できます。スタンドアロン オペレータを使用するには以下の条件を満たしている必要があります。
  • ジョブ ステップを使用しない場合、スクリプト内で使用する唯一のオペレータであること
  • ジョブ ステップを使用する場合、ジョブ ステップ内で唯一のオペレータであること

次のテーブルに、Teradata PTStandaloneオペレータのリストを示します。

オペレータ 定義
DDL 抽出とロードの主要なジョブ ステップの前または後に、ジョブをセットアップまたはクリーンアップするためにSQL文を実行します。 例えば、ジョブの開始前にテーブルの作成やインデックスの作成を行なったり、ジョブの後で必要に応じて作業テーブルを削除したりできます。
Update(スタンドアロン) StandaloneオペレータとしてのUpdateオペレータは、Deleteタスクを実行するときに、DELETE SQLリクエストに必要なデータがない場合にのみ、使用します。
OS Command Teradata PTジョブ実行の一部として、クライアント ホスト システム上でOSコマンドを実行します。