17.10 - コマンド ラインにおけるジョブ変数の割り当て - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

ジョブ変数は、属性値やその他の指定の代わりに、ジョブ スクリプト内でよく使用されます。 Teradata PTには、コマンド ラインでジョブ変数に値を割り当てるためのtbuildコマンド オプションが2つ用意されています。 コマンド ライン オプションを使用してジョブ変数に割り当てる値は、実行中のジョブでのみ有効です。

-uコマンド オプションによるジョブ変数の割り当て

コマンド ラインでtbuild -uオプションを使用すると、1つ以上のジョブ変数に値を割り当てることができます。 割り当て一式は二重引用符(")で囲みます。 複数の割り当てを実行する場合は、カンマで区切ります。

例えば、ジョブ スクリプトに以下の属性リストが含まれているとします。

[ATTRIBUTES
(
   VARCHAR TdpId        = @MyTpdId,
   VARCHAR UserName     = @MyUserName,
   VARCHAR UserPassword = @MyUserPassword
);

以下のように、値をジョブ変数“MyTdpId"、“MyUserName"および“MyUserPassword"に割り当てることができます。

tbuild -f weekly_update.txt -u "MyTdpId = 'database1', MyUserName = 'johndoe', MyUserPassword = 'johndoe'"

コマンド ラインでジョブ変数に割り当てる値は、これ以外にサポートされているすべての割り当て方法でそのジョブ変数に割り当てる値よりも優先されます。

-vコマンド オプションによるジョブ変数ファイル

tbuild -vオプションでは、ローカル ジョブ変数ファイルに保存されるジョブ変数の割り当てを実行できます。 たとえば、ローカルジョブ変数ファイルjobvars.txtは以下の情報を保存します。

MyTdpId        ='database1',
MyUserName     ='johndoe',
MyUserPassword ='johndoe'

関連するtbuildコマンドは次のとおりです。

tbuild -f weekly_update.txt -v jobvars.txt

ローカル ジョブ変数ファイルからジョブ変数に割り当てる値は、-uオプション以外のソースからその変数に割り当てる値よりも優先されます。セットアップの詳細については、ジョブ変数ファイルのセット アップを参照してください。