17.10 - メタデータのエクスポートとロード - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
オペレーショナル メタデータは、Teradata PTで事前定義されている以下のプライベート ログにジョブごとに格納されます。
  • TWB_STATUSログ
  • TWB_SRCTGTログ
  • TWB_EVENTSログ
メタデータの表示で説明したデータ スキーマを利用して、これらのログからオペレーショナル メタデータをデータベース テーブルにロードしてSQLアクセスに対応できます。 Teradata PTでインストールするSamplesディレクトリのスクリプトを使用します。 スクリプト サンプルには説明があります。
  • パフォーマンス メタデータと統計メタデータをエクスポートするには、スクリプトtwb_status.txtを使用します。
  • オペレータ ソースとターゲット メタデータをロードするには、スクリプトtwb_targets.txtを使用します。
  • ジョブ イベント メタデータをロードするには、スクリプトtwb_events.txtを使用します。
オペレーショナル メタデータをデータベース テーブルから抽出するSQLサンプルも、以下のようにTeradata PTがインストールされているSamplesディレクトリにあります。
  • sql1.txtは、ジョブのパフォーマンス メタデータと統計メタデータの抽出方法のサンプルです。
  • sql2.txtは、ジョブのオペレータ ソースとターゲット メタデータの抽出方法のサンプルです。

SQLファイルは、いずれも、オペレーショナル メタデータ テーブルから、結合メタデータ結果を抽出するSQL結合の使用方法のサンプルを紹介しています。