17.10 - ログ ディレクトリ値の指定 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata PTで生成したログには以下の方法でログ ディレクトリを指定できます。

  • -L jobLogDirectoryまたはtbuildコマンドでtloadを指定します(推奨)。
  • LogDirectoryファイルにtwbcfg.iniパラメータを設定します。
コマンド ラインで -L jobLogDirectoryが使用されていて、LogDirectoryファイルにtwbcfg.iniパラメータが設定されている場合は、 -L jobLogDirectoryを介して指定された値が使用されます。

前述の2つのどちらの方法でもログ ディレクトリの値を指定または設定しなければ、UNIXとWindowsでそれぞれ以下のデフォルト場所にログが保存されます。TPT_install_directory/logs/logs