17.10 - SQL SELECT文に基づいて生成したスキーマ - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata PTによるDEFINE SCHEMA文の生成方法には、SQL SELECT文の結果列を使用する方法もあります。

例3

DEFINE SCHEMA PROD_EXT FROM SELECT 'Select a,b,c,sum(d) from Products;';
DEFINE SCHEMA TRANS FROM SELECT OF OPERATOR EXPORT2;
DEFINE SCHEMA Invoice_Counts FROM SELECT DELIMITED 'Select a, b
     from Invoice;' ;
DEFINE SCHEMA PROD FROM SELECT DELIMITED OF OPERATOR EXPORT2;

最初のDEFINE SCHEMA文、データベースの確定に基づき、指定したSQL SELECT文をデータベースに渡して、SQL SELECT文の結果列の定義から完全指定のDEFINE SCHEMA文を生成するようTeradata PTに要求します。

2番目のDEFINE SCHEMA文は、スクリプト定義オペレータEXPORT2のSelectStmt属性の指定値であるSQL SELECT文を取得して、それをデータベースに渡し、Teradata PTに対して、SQL SELECT文の結果列から完全指定のDEFINE SCHEMA文を生成するよう要求します。

3番目と4番目のDEFINE SCHEMA文は、区切りスキーマを生成するためにDELIMITEDキーワードを使用しています。Teradata PTでTeradata PTスキーマの区切りファイル形式バージョンを生成する場合は、SELECTキーワードの後にDELIMITEDキーワードを指定できます。 この場合、Teradata PTで生成されたスキーマ内のすべての列は、SELECT文または演算子のselectStmt属性で指定されたテーブルに関係なく、VARCHAR型になります。

SQL SELECT文からスキーマを生成する機能は、結合が関わるSELECT文や、列単位の文字エンコーディングをともなうテーブルなど、正確な列の長さの値の計算がデータベースに必要な、複雑なデータ抽出にはきわめて利用価値が高い機能です。

SQL SELECT文で定義したスキーマと、完全に記述したDEFINE SCHEMA文で定義したスキーマの間に、機能上の違いはありません。