17.10 - 致命的なエラーが発生してもジョブを続行する指定 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata PTには、致命的なエラーが発生してもジョブを続行できるようにする、tbuild -nオプションが用意されています。 tbuild -nは、主に、抽出とロードの関連ステップをグループ化するマルチステップ ジョブで役立ちます。 1つのステップが失敗しても、失敗したステップで取得されたチェックポイントに基づき、中断したところからジョブを再開できます。 抽出とロードの複数のステップを1つのジョブにグループ化すると、システム リソースの使用が最小限に抑えられ、実行するジョブの数も削減されますが、–nオプションの使用前には以下の点を考慮する必要があります。

  • ジョブの各ステップが互いに依存しないようにする必要があります。 1つのステップの結果が他のステップに影響を与えないようにします。
  • 前に失敗したステップのチェックポイントは、次のステップの開始前に消去されます。このため、ジョブを再始動することはできません。
  • 失敗した各ステップを評価する必要があります。また、失敗したステップを再実行するためには、別のジョブや手順の実行が必要となる場合があります。 同一ジョブ内の他のステップは正常に実行された場合や、他のステップを再始動できない場合です。