17.10 - 実行セクションのコーディング - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

ジョブに必要なTeradata PTスクリプト オブジェクトを定義した後は、スクリプトでジョブ タスクの実行に使用するオブジェクトと、タスクの実行順序を指定するために実行(処理)ステートメントをコーディングする必要があります。 <Teradata Parallel Transporterリファレンス、B035-2436>のオブジェクト定義およびAPPLY文のセクションで説明されているAPPLY文に、Filterオペレータの追加や、そのSELECT FROMの派生列の使用によるデータ変換も含まれる可能性があります。

ジョブ スクリプトには、少なくとも1つのAPPLY文を必ず含める必要があります。ジョブに複数のステップが含まれている場合、各ステップにAPPLY文が必要です。