17.10 - オペレータ固有のエラーの処理 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata PTのエラーの処理方法は、エラーを検出するオペレータによって異なるほか、オペレータの属性のいずれかを使用して、オペレータが検出したエラーを無視するように指示されているかどうかによって異なります。

Load、Update、およびストリーム オペレータは通常大量のデータ行を処理するため、データ適用エラーに対する耐用性機能が組み込まれています。この耐用性機能はオペレータ属性で指定できます。詳細については、Loadオペレータ エラーStreamオペレータ エラー、およびUpdateオペレータ エラーを参照してください。

他のオペレータは通常、実行中にエラーが発生すると終了します。終了しないオペレータは次のとおりです。
  • DDLオペレータ:通常の動作のようにジョブを終了させるのではなく、ErrorList属性を使用してオペレータが無視する1つ以上のエラー コードを指定します。
  • DataConnectorオペレータ:
    • RecordErrorFileName属性(従来の「RowErrFileName」)を使用すると、エラーのあるソース行は終了せずに、指定したファイルに書き込まれます。
    • 終了せずに、AceptExcessColumnsを使用してソースの行の追加の列を無視します。
    • AcceptMissingColumnsを使用すると、短い行は終了せずに、正しい列数になるまで拡張されます。
    • TruncateColumnDataを使用すると、長すぎる列は終了せずに切り捨てられます。

サポートされていてもドキュメントに記載されなくなった旧式の構文の一覧については、<Teradata® Parallel Transporterリファレンス, B035-2436>の「非推奨の構文」を参照してください。