17.10 - ジョブ ステップの定義 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
ジョブ ステップとは、Teradata PTジョブの実行単位のことです。ジョブ ステップの使用は任意ですが、使用すると単一のTeradata PTジョブ内で複数の操作を実行できます。ジョブ ステップには、以下のルールが適用されます。
  • 1つのジョブには、少なくとも1つのステップが含まれていなければなりません。ただし、ステップが1つだけのジョブでは、STEP構文を使用する必要はありません。
  • 各ジョブ ステップには、実行される操作とそれを実行するオペレータを指定するAPPLY文が含まれます。
  • ほとんどのジョブ ステップには、1つ以上のソースから1つ以上のターゲットへのデータの移動が含まれ、少なくとも1つのProducerオペレータと1つの Consumerオペレータが使用されます。
  • 一部のジョブ ステップでは、次のように単一のStandaloneオペレータを使用できます。
    • DDLオペレータ。データベースのセットアップ操作またはクリーンアップ操作を実行する場合。
    • Updateオペレータ。データベースからデータの一括削除を行なう場合。
    • OS Commandオペレータ。ファイル バックアップなどのオペレーティング システム タスクを実行する場合。