17.10 - チェックポイント ファイルが原因で失敗したジョブの再始動 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

エラー メッセージ:チェックポイント ファイルから現在のジョブステップを取得することはできません。

再始動されたジョブが、期限切れまたは別のジョブが作成したチェックポイント ファイルを使用すると、このようなジョブ終了が発生します。

解決策:

  • チェックポイント ファイルの有効期限が切れている場合、TPT_install_directory/Checkpointディレクトリから手動でそのファイルを削除してください。
  • チェックポイント ファイルが別のジョブによって作成されていた場合、これは、そのジョブの名前が固有ではないということを意味します。 Teradata PTがジョブに固有のチェックポイント ファイルを作成できるよう、tbuildコマンドでジョブ名パラメータを使用して、固有のジョブ名を指定してください。

この問題を回避するには、固有で固有のジョブ名を持つジョブのみを実行してください。

チェックポイント再始動の詳細については、<Teradata Parallel Transporterリファレンス、B035-2436>の「 Teradata PT機能」を参照してください。