17.10 - エラー テーブル - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

エラー テーブルの各行には、エラーの原因の特定に役立つ情報を最大10列まで格納できます。 エラー テーブルのアクセスに使用するSELECT文でこれらの列の一部またはすべてを任意の順序で指定できます。

以下のテーブルに、指定可能なStreamエラー テーブルの列を示します。

エラー テーブルの列
内容
DataSeq エラーが発生した入力ソースに割り当てられたシーケンス番号。
DMLSeq エラーが発生したDMLグループに割り当てられたシーケンス番号。
ErrorCode エラーのコード。
ErrorField Streamオペレータの場合、このフィールドはゼロです。
ErrorMsg エラーに関するデータベースのエラー メッセージ。
HostData エラー発生時に処理していたクライアント データ。
LoadStartTime Queue Insertion TimeStamp (QITS)値は、ジョブが開始された時間を示します。 再始動時には、ジョブが再始動された時間を示します。
RowInsertTime Streamオペレータのエラー テーブルに行が挿入された時間を示します。
SourceSeq エラーが発生した入力ソース(DataSeq番号)の行に割り当てられたシーケンス番号。
STMTSeq エラー発生時に実行していたDMLグループ内のDML文に割り当てられたシーケンス番号(上記DMLSeq列の説明と同じ)。