17.10 - 前提条件 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
  • ターゲット テーブル/ソース テーブルがデータベース内に存在する必要があります。EasyLoaderはテーブルの作成をサポートしません。
  • フラット ファイルからデータベースにデータをロードする場合は、ファイル データ レコードがターゲット テーブルのスキーマと一致する必要があります。
  • テーブルから別のテーブルにデータをロードする場合は、ソース テーブルのスキーマとターゲット テーブルのスキーマとの互換性が必要です。
    現時点では、次のソース/ターゲットの組み合わせがサポートされています。
    • フラット ファイル → データベース テーブル
    • データベース テーブル → データベース テーブル
    • データベース テーブル → フラット ファイル

      --InsertStmtオプションは、ローダーのオペレータで使用するユーザー定義のInsert文を提供するために使用でき、そうすることで、プロデューサからのデータを送信元スキーマでの定義とは異なる順序で選択的に送信できるようになります。