17.10 - APPLY文でのDDLオペレータの使用 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

DDLオペレータは、APPLY文に単文または複文の形式で指定できます。 各ステートメントをそれぞれのトランザクションとして実行するためには、DMLグループ(括弧で囲まれている部分)ごとに1つのSQL文が必要です。

1つのDMLグループで複数のステートメントを指定すると、オペレータはすべてのステートメントを1つの複文リクエストに結合し、1つのトランザクションとしてデータベースに送信します。 データベースでは、複文DMLグループには1つのDDL文しか指定できないこと、さらにそのステートメントはトランザクションの最後のステートメント、すなわちグループの最終ステートメントでなければならないという規則が適用されます。 SQL文は、APPLY文に指定された順序で、グループごとに実行されます。 グループ内のいずれかのステートメントが失敗すると、そのグループ内のすべてのステートメントがロール バックされ、ほかのグループは処理されなくなります。

以下に、単一文形式のDDLオペレータを簡単にまとめた例を示します。
APPLY
'SQL statement1',
'SQL statement2',
.........
'SQL statementN'
TO OPERATOR (operator_specifications)
以下に、複文形式のDDLオペレータを簡単にまとめた例を示します。
APPLY
('SQL statement1a', 'SQL statement1b', .........),
('SQL statement2a', 'SQL statement2b', .........),
.........
('SQL statementNa', "SQL statementNb', .........)
TO OPERATOR (operator_specification)