17.10 - シナリオ - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

次のシナリオは、複数ターゲットの使用からメリットを得られる状況の例です。

  • 複数ウェアハウス ターゲットの同時ロード - 複数のAPPLYを使用して、単一の入力データ ソースで複数のウェアハウス ターゲットをロードできます。複数のオペレータ インスタンスを使用して、各ターゲットのロードを並行かつスケーラブルに行なうことができます。 この手法のメリットは、失敗が発生した場合にすべてのロード操作が終了し、順序正しく、協調して再始動することです。

    複数のAPPLYと複数のオペレータ インスタンスを使用すると、入力データの読み出しと処理を1回だけ行なって、I/Oとシステム リソースの使用を最小限に抑えることができます。 同種のロードに加え、複数種類の Consumerオペレータも同時に使用できます。 たとえば、Updateオペレータを使用してウェアハウスAにロードすると同時に、Streamオペレータを使用してウェアハウスBにロードするなどです。

    この手法では、各ターゲットに適用されるデータを異なるCASE DML式で処理できるよう、各APPLY句内のCASE DML式も使用できます。

  • 同時ロードとアーカイブ (中間ファイル ロギング) - データをソースとターゲットの間で変換したとき、ロードされたデータを正確に反映したアーカイブの保守に問題が発生し、変換したデータがターゲットのみに書き込まれることがあります。 冗長な抽出と変換は、時間がかかり、困難です。 Teradata PTの複数データ ターゲットへのロード機能を使用すると、単一のジョブ ステップで、変換したデータをプライマリ ターゲットとアーカイブの両方に簡単にロードできます。 詳細については、中間ファイル ロギングを参照してください。