17.10 - Producerオペレータの定義 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

Producerオペレータは、データベースまたは外部データ ストアからデータを読み取ってデータ ストリームを"生成"し、Consumerオペレータやフィルタ オペレータでさらに処理できるように、読み取ったデータをデータ ストリームに書き込みます。



Teradata PTジョブ スクリプトには、出力スキーマが同じであれば、データ ソースの数と同数のProducerオペレータを含めることができます。また、単一のプロデューサを使用することもできます。 プロデューサは、データをソースから抽出し、他のオペレータが使用できるデータ ストリームに置きます。

以下に、Teradata PTのProducerオペレータのリストを示します。

オペレータ 説明
データベースからデータを生成する。
Export Exportオペレータは、データをデータベース テーブルから抽出して、データ ストリームに書き込みます。 ExportオペレータはスタンドアロンFastExportユーティリティ プロトコルと同様に機能します。
SQL Selector SQLセッションを使用してデータベース テーブルからデータを選択します。 LOB、JSONおよびXMLデータを処理できる唯一のProducerオペレータです。
データベース以外のデータ ソースからデータを生成する。
DataConnector (プロデューサ) DataConnectorオペレータは直接またはアクセス モジュールを通じてファイルにアクセスし、データ ストリームにファイルを書き込みます。

DataConnectorオペレータは、Hadoopのファイルおよびテーブルからデータを読み取ることもできます。

ODBC ODBCオペレータは、Windows、UNIX、およびz/OSプラットフォーム上のOracle、SQL Serverなど、任意ODBCプロバイダーからデータを抽出し、データ ストリームに書き込みます。
データベース以外のデータ ソースからデータを生成および処理する。
FastLoad INMOD Adapter FastLoad INMOD Adapterは、FastLoad INMODルーチンを使用してフラット ファイルから入力データを読み取って、前処理してから、データ ストリームにデータを配置します。
MultiLoad INMOD Adapter MultiLoad INMOD Adapterは、MultiLoad INMODルーチンを使用してフラット ファイルから入力データを読み取って、前処理してから、データ ストリームにデータを配置します。