17.10 - パブリック ログ - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata PTジョブのパブリック ログは自動的に生成され、ジョブ名で保存されます。 情報は、ジョブが実行されると更新され、発生した順に記録されます。

パブリック ログの内容

パブリック ログには、ジョブに関する次の情報が記録されます。

  • Teradata PTバージョン番号
  • 各オペレータのアクティビティの概要。これには、オペレータ タスクの実行段階、発生したエラー、警告、および送受信されたデータのサマリーなどが含まれます。
  • セッション数
  • 使用されたブロックサイズ
  • 作成されたブロックの数
  • タスク ステータス コード
  • 取得したチェックポイント
  • 試行した再始動
  • ジョブ経過時間
  • ジョブCPU時間

1つのジョブで複数のオペレータが実行される場合があります。 この場合、すべてのオペレータが非同期的に同じパブリック ログに書き込みます。 パブリック ログ内の情報はソートされず、受信した時点でログに書き込まれます。

ジョブ名によるパブリック ログへのアクセス

特定のTeradata PTジョブのパブリック ログにアクセスするには、次のtlogviewコマンドを入力します。

tlogview -j <jobname>-<job sequence number>

説明:

  • <jobname>は、tbuildコマンドのjobnameパラメータで指定した名前で、以前に起動したジョブの名前です。
  • <job sequence number>は、インストール後に現在のユーザーIDで発行されたTeradata PTジョブを列挙する番号としてTeradata PTによって生成され、ジョブの実行が開始されると直ちにコンソール メッセージに表示されます。

関連するジョブ名のないパブリック ログへのアクセス

tbuildコマンドにジョブ名が指定されない場合は、Teradata PTによって、ログオンしたユーザーのID、ハイフン、<job sequence number>,を組み合わせた名前が自動的にパブリック ログ ファイルに付けられます。その結果、パブリック ログ ファイルの名前は、<userid>-1.out<userid>-2.outなどとなります。

デフォルトで割り当てられた名前を持つパブリック ログを見つけるには、次のコマンドを実行します(UNIXコマンドの場合)。

tlogview -l  TPT_install_directory/logs/<userid>-<job sequence number>.out

説明:

  • <userid>は、ジョブにログオンするために使用されたユーザー名です。
  • <job sequence number>は、インストール後に現在のユーザーIDで発行されたTeradata PTジョブを列挙する番号としてTeradata PTによって生成され、ジョブの実行が開始されると直ちにコンソール メッセージに表示されます。

上記の例は、UNIXシステムでのログの場合です。 パブリック ログは、各オペレーティング システムで次のディレクトリからアクセスできます。

  • UNIX OS
    cd  TPT_install_directory/logs
  • Windows
    chdir  TPT_install_directory\logs
  • Linux
    cd  TPT_install_directory/logs
  • z/OS

    z/OSプラットフォームでは、バッチ ジョブを実行してパブリック ログを印刷する必要があります。 詳細については、<Teradata Parallel Transporterリファレンス、B035-2436>の「JCLの例」を参照してください。