17.10 - ジョブ変数の使用 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata PTジョブ スクリプトのほとんどの値はジョブ変数としてコーディングされています。ジョブ変数は、引用符で囲まれた文字列とコメント内を除き、スクリプト内の任意の場所で使用できます。 ジョブ変数を定義すると、その関連ジョブ リストで繰り返し再利用できます。 通常、ジョブ変数はオペレータ属性の値として使用します。

変数の値は、以下のように属性によって異なります。
  • 属性が文字データ型である場合、ジョブ変数値は引用符で囲まれた文字列でなければなりません。
  • 属性が整数データ型である場合、ジョブ変数値は整数でなければなりません。
  • 属性が配列属性の場合、ジョブ変数値は、その属性のデータ型の値の配列で指定します。

ジョブ変数は、オブジェクト名やその他ジョブ スクリプトのパラメータに代入して使用できますが、引用符で囲った文字列の中では使用できません。 連結演算子を使用すると、引用符で囲った文字列同士の間でジョブ変数を使用できます。例えば、挿入ステートメントのターゲット テーブルでジョブ変数'item'は、

'Insert this'|| @item || ' into a column'

ジョブ スクリプトのAPPLY文では、上記の文字列で表現します。

ジョブ変数をジョブ スクリプトのパラメータとして使用するためには、2つのセットアップ アクティビティを実行する必要があります。
  • 以下の場所のいずれかでジョブ変数に値を割り当てます。処理の優先順位の低いものから順に示しています。
    • ジョブ スクリプト内(最も低い優先順位)
    • グローバル ジョブ変数ファイル内(UNIXおよびWindowsプラットフォーム)(2番目に低い優先順位)
    • ローカル ジョブ変数ファイル内(2番目に高い優先順位)
    • コマンド ライン上(最も高い優先順位)
  • ジョブ スクリプトでジョブ変数を参照します。
  • 特定の変数の値を前述の複数の場所に指定すると、優先順位が最も高いソースの値が適用されます。
  • ジョブ変数は、優先ソースごとに1回だけ定義できます。1つの優先ソース内の再定義は、Teradata PTによってエラーと見なされます。
  • ジョブ変数は大文字小文字を区別しません(例えば、UserNameとUSERNAMEは等価です)。キャメル ケースは読みやすさのために使用されます。