17.10 - 例 - 属性としての変数の指定 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
DEFINE JOB CREATE_SOURCE_EMP_TABLE
(
      DEFINE OPERATOR DDL_OPERATOR
      DESCRIPTION 'Teradata Parallel Transporter DDL Operator'
      TYPE DDL
      ATTRIBUTES
       (
          VARCHAR TdpID          = @TdpId,
          VARCHAR UserName       = @MyUserName,
          VARCHAR UserPassword   = @MyPassword
);

      APPLY
          ('DROP TABLE SOURCE_EMP_TABLE;'),
          ('CREATE TABLE SOURCE_EMP_TABLE(EMP_ID INTEGER, EMP_NAME CHAR(10));'),
          ('INSERT INTO SOURCE_EMP_TABLE(1,''JOHN'');'),
          ('INSERT INTO SOURCE_EMP_TABLE(2,''PETER'');')
      TO OPERATOR (DDL_OPERATOR);
);

この例では、DDLオペレータが2つのDDL文と2つのDML文を発行してから、そのテーブルに2行のデータを入力しています。 TdpId、UserName、UserPasswordの各オペレータ属性は、ジョブ変数として指定します。