17.10 - 複数ソースのスキーマの使用 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

単一のスクリプトで2つのスキーマ(ソースで1つ、ターゲットで1つ)が必要になることがよくあります。 また、すべての列がUNION互換である場合は、ソース データに複数のスキーマを使用できます。 対応する列のデータ型属性(種類、長さ、精度、スケール)がまったく同じ場合、2つのスキーマはUNION互換です。すなわち、スキーマは列名以外まったく同じです。 スキーマがUNION互換である場合、Teradata PTは異なるProducerオペレータが別のスキーマを使用して抽出した複数ソースからのデータを、UNION ALL機能を使用して単一の出力データ ストリームに結合します。 詳細については、UNION ALL:複数のソースからのデータの結合を参照してください。