17.10 - Easy Loaderの概要 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

Easy Loaderは拡張されたTPTコマンド ライン インターフェースであり、ユーザーはこれを使用して、フラット ファイルからデータベース テーブルへのデータのロード、データベース テーブルから別のデータベース テーブルへのデータのロード、またはデータベース テーブルからフラット ファイルへのデータのアンロードを行なえます。

Easy Loaderのデフォルトの動作では、フラット ファイル データがデータベース テーブルにロードされますが、スクリプトを使用しない他の基本的なTPTのロード操作とアンロード操作にも対応するように拡張されています。

Easy Loaderは、UNIXに似たコマンド ライン オプションを受け付けるほか、TPTスクリプトとジョブ変数ファイルを内部的に生成します。生成後は、生成されたファイルを使用してTPTが実行されます。

Easy Loaderは、ユーザーがコマンド ラインを介して提供するジョブ変数と、ユーザーが要求するロード/アンロード ジョブのタイプに基づいて、ロード オペレータとアンロード オペレータを自動的に決定します。

tdloadコマンドには、完全自動と半自動の2つの動作モードがあります。完全自動モードの場合、tdloadはロード/アンロード ジョブに使用される最適なオペレータを自動的に決定します。半自動モードの場合、ユーザーはオペレータ テンプレートのジョブ変数を使用してProducerオペレータかConsumerオペレータ、またはその両方を選択します。また、Easy Loaderは、必須のジョブ変数をデフォルトに設定できるほか、提供されている汎用ジョブ変数をオペレータ固有のジョブ変数に変換できます。

現在サポートされているProducerオペレータとConsumerオペレータは次のとおりです。
  • プロデューサ: DataConnectorプロデューサおよびエクスポート
  • コンシューマ: DataConnectorコンシューマ、ロード、更新、ストリーム、およびInserter