17.10 - Consumerオペレータの定義 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

Consumerオペレータは、データ ストリームからのデータをデータベースまたは外部データ ターゲット(フラット ファイルなど)にデータを書き込むために、"消費"します。



スクリプトでは、キーワードAPPLYの出現回数と同じ数のConsumerオペレータを使用できます。詳細については、<Teradata® Parallel Transporterリファレンス, B035-2436>の「APPLY」を参照してください。

以下に、Teradata PTのConsumerオペレータのリストを示します。

オペレータ 説明
データベースにデータを書き込むオペレータ:
Load Loadオペレータは、空のデータベース テーブルにデータを書き込みます。 Loadオペレータは、スタンドアロンFastLoadユーティリティ プロトコルをベースにしています。
Update Updateオペレータは、1~5個のデータベース テーブルでINSERT、UPDATE、DELETEの各操作を実行できます。 Updateオペレータは、スタンドアロンMultiLoadユーティリティ プロトコルをベースにしています。
Stream Streamオペレータは、データベース テーブルにデータを継続的にロードします。 Streamオペレータは、スタンドアロンTPumpユーティリティ プロトコルをベースにしています。
SQL Inserter SQLセッションでデータベース テーブルにデータを挿入します。
外部ターゲットにデータを書き込むオペレータ:
DataConnector (コンシューマ) データを外部フラット ファイルに直接書き込みます。 DataConnectorオペレータは、アクセスを通じてデータを書き込むこともできます。

DataConnectorオペレータは、Hadoopのファイルおよびテーブルにデータを書き込むこともできます。

外部ターゲットに対してデータの処理と書き込みを行なうオペレータ:
FastExport OUTMOD Adapter スタンドアロンFastExportユーティリティOUTMODルーチンを使用して、データベース テーブルからエクスポートされた行が後処理された後で外部フラット ファイルに書き込まれるようにします。

スクリプト要件

Teradata PTスクリプトでのConsumerオペレータの定義に必要な指定情報は次のとおりです。
  • オペレータ定義内
    • オペレータの名前(255文字以下でスペースを含まない)。
    • 出力スキーマの名前(入力スキーマと異なる場合)。出力スキーマが入力スキーマと同じ場合はSCHEMA *を使用します。
    • すべての必須属性の宣言。
  • APPLY文内
    • Consumerオペレータを指定するAPPLY TO句。

Teradata PTは、コンシューマが同時にロードできるテーブルの数を次のように制限します。

Teradata PTオペレータ 最大ターゲット テーブル数
Load 1
Update 5
Stream 127
SQL Inserter 1

例えば、 Consumerオペレータの定義

Loadオペレータ