17.10 - Teradata PT Easy Loader の使用 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata PT Easy Loaderは、コマンドライン インターフェースです。このインターフェースを使用すると、Teradata PTスクリプトを記述せずにデータベース テーブルからデータをロードできます。

例1

データベース テーブルからデータをロードする場合、次に示すように、データ ソースを説明するすべてのジョブ オプションをジョブ変数ファイルに指定できます。

SourceTdpId  = 'TdpId',
SourceUserName  = 'username',
SourceUserPassword = 'userpassword',
SelectStmt = 'Teradata SQL SELECT statement'
ジョブ変数ファイルにSELECT文を指定する代わりに、次に示すように、ソース テーブルのテーブル名を指定できます。
SourceTable = 'tablename'

続いて、次のコマンドを実行します。

tdload -t  tablename  -u  username  -j  jobvariablesfile

例2

データベース テーブルからデータをロードする場合、次に示すように、データ ソースを説明するすべてのジョブ オプションとターゲット テーブルをジョブ変数ファイルに指定できます。

TargetTable = 'tablename',
TargetTdpId  = 'TdpId',
TargetUserName  = 'username',
TargetUserPassword = 'userpassword',
SourceTdpId  = 'TdpId',
SourceUserName  = 'username',
SourceUserPassword = 'userpassword',
SelectStmt = 'Teradata SQL SELECT statement'

続いて、次のコマンドを実行します。

tdload -j  jobvariablesfile

ジョブ変数ファイルの定義とtdloadコマンドの実行の詳細については、Teradata PT Easy Loaderを参照してください。